「ポップの神話作用-都市のイメージ112」ブロンズ社(1980)

ヴィジュアル・スキャンダル
ポップとパロディとスキャンダルは20世紀の神話だ
「ヴィジュアル・メッセージ」No.1 1978.12
       
フェイク考
日本のポップ映像群。
美術のフェイクから出発したイラストレーションは、 いまひとつの頂点を迎えた。
「年鑑日本のイラストレーション'78」講談社  
       
都市を読む
木村利三郎、バイルレ、ロブ=グリエ、ジョイス 
「いけ花 龍生」 1978.9
       
都市を読む
「ウォリアーズ」、超モダニズム、「パリ・モスクワ展」 
「日本カメラ」 1980.2
       
ポップ神話作用 12人の作家たち    
       
ディヴィッド・ホックニー
甘美と透明、沈黙の時間 
「みづゑ」 1977.5
       
三尾公三
SF的眩暈・虚と実の入れかえ
「現代絵画への招待」
毎日新聞社
 
       
リチャード・リンドナー
女族・逸楽の街を行く
「みづゑ」 1976.9
       
藤本 蒼
メルヘン絵日記で描いた創世記
「みづゑ」 1975.12
       
矢吹申彦
未来への郷愁
「みづゑ」 1975.2
       
フェルナンド・ボテロ
ふとった人々の楽園伝説
「みづゑ」 1972.9-10
       
金子國義
不思議の国の「お遊戯」
「みづゑ」 1975.7
       
ゴットフリート・ヘルンヴァイン
白昼の残酷共和国
「みづゑ」 1975.6
       
フェルナンデス・アルマン
美しきスクラップたち
「みづゑ」 1977.7
       
篠原有司男
アスファルトジャングル・騎馬民族伝説 
「オートバイ・コネクション」 CBSソニー
       
マティ・クラーウェイン
幻覚王国・サイケデリックな天国と地獄
「みづゑ」 1975.3
       
横尾忠則
もう一つの「スピリチュアル」
「アイディア」 1979.11
       

あとがき

初出


装丁
中山直樹
カバー作品 三尾公三「女<B>」
口絵 ボテロ、金子國義、マティ・クラーウェイン、横尾忠則 他


back